Let's go people!

色々大変な年だったなぁ・・・(’’  テンプレ替えました!


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


26
Category: 映画   Tags: ---

レッドドラゴン

評価:9

ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾にして第1章。
ずっと見ようと思ってて見れてなかった作品です。
サスペンスモノ。

冒頭オーケストラメンバーに一人だけどうしようもない下手な人が居て、聞いているレクターも眉をひそめる次第。
その後晩餐が行われ、レクターがオーケストラの会員の面々に惜しげもなく料理を振舞っています。
会員の一人が"これ美味しいですね?何の肉?"と聞いた所、
レクターは"それを聞いたら皆手が止まってしまいます。秘密です"と冗談ぽく言っています。

実はレクターは猟奇殺人犯で、しかも、カニバリズム(人肉食嗜好者)なのです・・・
この晩餐に使われたのは、オーケストラメンバーの下手な人っぽいです( ̄д ̄)

・・・・

FBI捜査官グレアムは、さまざまな難解な事件において精神科医の権威レクターに助言を求め、そして解決に導いていました。
ある日、いつものように事件の見解を求め、レクター宅を訪ねたグレアムは、
「犯人を医学生か、医学大学の落第生と言う見解は間違いで、
犯人は切り取った遺体の一部を保存などしておらず、食べたんだ・・・
その可能性を見落とすのは先生らしくない」と発言。

遂に、レクターはグレアムを殺害しようとしますが、思わぬ反撃にあい逮捕されてしまいます。

新聞に大きく報じられたレクターに関する記事。
カンニバル、ハンニバル・・・
何も知らずにとはいえ、出された料理を美味しいと食べてしまった人達は卒倒してるでしょう(;´Д`)

それから数年。

ある猟奇的な殺人事件がおきます。
FBIは満月ごとに殺人が起きる事を予想しているが、その満月までに犯人を特定するどころか、手がかりさえつかめそうにない。
ついに、FBIを引退したグレアムにHELPが出されます。
その表向きの理由は"他の捜査官とは違った見方ができる"といった所なのですが、加えて言うならレクターの助言が欲しいと・・・
彼を逮捕した"グレアム"になら話をするだろうと言う含みもこめて、まぁ、正直に言ってますがw



何を隠そう、うちはこういうサスペンスは大好きなのです。
スプラッターや、ホラーは全くダメなんですけどね(;´Д`)
でもバイオハザードは大丈夫♪

このレクター役の"アンソニー・ホプキンス"すごい存在感だよ。
知的で冷酷で何やっても勝てそうにない感じがすごいw

うちはこの作品の小説も読んだけど、良く時間内に纏まってるなぁと関心しました。
ちょっと意外だったのは、犯人の顔。
もうちょっと醜男かと思ってたんだけどね。
でも、今考えて見ると、普通な方がリアリティがあるなぁと。

とにかく、ホラーとか全くダメな人でも観られる(と思う)から、一度見てくださいな。
ちなみに、"ハンニバル"と、"羊達の沈黙"がそのシリーズです。
スポンサーサイト

テーマ DVDで見た映画    ジャンル 映画



 

Comments

Editこのシリーズ
は全部劇場で観たな~。
なおかつTVでやるとほぼ観てるようなw

しょうじきホラーは好きじゃないけど、この手の物はよくみてる。

個人的には”ハンニバル”が一番好きかな。
Editなるほどなるほど
そんな凪さんにも、コーンウェルの検視官シリーズはオススメだよ~
中古本もかなり出回ってるから試しに読んでみては。
オススメだよっ♪

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。