Let's go people!

色々大変な年だったなぁ・・・(’’  テンプレ替えました!


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13
Category: 映画   Tags: ---

イン・ハー・シューズ

評価:9

サイト

キャメロン・ディアス主演

ディアスを劇中で観るのは久しぶりでした。
うちにとっては、チャーリー・エンジェルズ・フルスロットル以来かな。
スタイルの良さは健在でした(´∀`*)
あのプロポーションを維持するのに、どれくらい苦労してるのか想像もつきませんが・・・(;´∀`)

さて、劇中のお話を。
どんな仕事をしても長続きしないがスタイルとルックスは抜群な妹マギー(ディアス)と、
弁護士の仕事に就き、彼氏もいる安定した生活を送っているが、ルックスにもスタイルにもコンプレックスを持っている姉ローズ(トニ・コレット)。

ある日、同窓会に出席したマギーは酔いつぶれてしまう。
会場から電話がかかり、姉が引き取りに行き、そのまま実家へ送り届けるが、酔いつぶれたマギーを一目見た義母は彼女を追い出してしまう。
帰る場所のなくなったマギーを渋々自宅に連れ帰るローズ。
仕方が無く居候させる事に。
なにをやっても長続きしない。そんな現状を打破するべく、マギーもなんとか仕事を見つけようと奮闘する。
そんな彼女の奮闘を知らず、叱責するローズ・・・
それから少しして、仕事で遅くなったローズが帰宅してみると、あろう事か自分の彼氏とマギーが!
こうして姉妹の関係に溝が出来てしまう。
当然ローズに追い出されてしまうマギー・・・

多くの人が"今の環境"を享受する中で、半ば無理矢理にだけど見直す事になった二人が少しずつ自分に合ったものを見つけていく。
自分の中の何かが良い方向に変わっていく。そんなところを観ているのは気分がいい。
で、その部分を、劇中では(タイトルもそうだけど)"自分にあった靴を見つける"という風に表現している。
ローズは履かない多くの靴を持っているけど、どれが自分に合ったものなのかを試さないまま、クローゼットにしまってある。
一方、マギーは、殆ど靴を持っていないから、1つずつ履き替えながら試すしかない。

そういう部分を"人生"にすり合わせて表現してるのは面白いと思う。

また、家族愛が徐々に浮き出てきて、ハッピーエンドに向かって行くストーリーはなんとなく古い感じがしないでもないけど、
決して嫌なもんじゃないし、観ていて安心したり、微笑ましかったりで少しジーンとするし。

うち的には結構評価できる作品なんじゃないかと思う。
にしても、キャメロン・ディアス、歳を感じさせないねw
スポンサーサイト

テーマ DVDで見た映画    ジャンル 映画



 

Comments

Editネットでディアス
ネットでディアスなどを評価しなかったの?


Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。