Let's go people!

色々大変な年だったなぁ・・・(’’  テンプレ替えました!


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08
Category: 映画   Tags: ---

男たちの大和

公式サイト

評価:9

中村獅童、反町隆史主演

劇中では現代と回想を行き来しつつ、大和が艦隊配備された頃から沈むまでを映像化。
劇中の大和を見た時の第一印象は、「でかっ!」だったかな。
みたというより、サイズを聞いてって事になりますね(*´σー`)エヘヘ

で、実際の話はというと・・・

「生き残ってごめんなさい、ごめんなさい」・・・そ、そりゃないよ。゚(゚´Д`゚)゚。

その思いのまま60年。

思い出してみても「何一つ守れなかった。」

想像すらできないけど、キツかったんだろうなぁ。
そりゃ記念式典なんかに出席したいと思わないと納得。
そして、最後にそのトラウマからも開放される・・・されるんだけど、なんとなく消化不良だったり。
感情移入できなかったせいか、内面的な部分がよく解からなかったのです。
だから、もう一回じっくりみてみようかなと思いながら書いています(;´∀`)

それから、一応は泣ける映画なんだけど、戦争の悲惨さの(゚д゚lll)ズーン と来る類のものとは違う意味の泣ける映画です。
劇中でもあったけど大和の最終作戦は、"沈みにいけ"みたいな感じだと思うんだけど、そんな中ででも、(゚д゚lll)ズーン と来るような印象は受けませんね。
ドラマ仕立てなんだからしゃーないといえばしゃーないけど、戦争を題材にする以上は、悲惨さをもっと強烈に表現できてれば、さらに良かったようにも思う。
そっち方面に話が展開すると、ドラマじゃなくなるかな(;´∀`)

日本は「精神」を重んじてきた。

って台詞もあったし、それは解かるけど、戦争だから「精神」を説いても悲惨さは拭えないよね。
そういう部分が薄いのが気になったって事です。

それから、1年ほど前に広島で仕事をしている事があって、その頃この大和の話もあって、呉(くれ)に大和ミュージアム(だっけ?)が出来てたんだけど、
(たしか、実際に撮影につかった大型のモデルも展示されてるって話だったかな)、行けば良かったと今になって後悔してます><b
まだやってるのかなぁ?
やってるなら行ってみたい気もする・・・気がするだけじゃ、たぶんイカナイんだろうなぁ(’’

んで、最後の戦闘シーンだけど、不沈艦と呼ばれた大和の凄さがあの映像でどれ位伝わるか微妙な気がするんですよね。
たぶん「派手にやられてるなー」位しか解からないんじゃないかな?w
そういう点は惜しいと思うけど、一応ドラマだしそっちを中心に考えると、蛇足なんだろうけどね。
うちとしては、もっと大和と大和したものを見たかったかな。

まぁ、本領発揮できない時期に艦隊配備されたんだから、仕方がないのかな。残念。
IFな大和、ないかな?w

そうそう、最後に思い出したけど、内田2兵曹の形見となった短刀を内田の娘(鈴木京香)に渡すシーン。
あそこで「これはあなたが持っていてください」なシーンが無いのが不満でした(小さいことだなぁ(’’

スポンサーサイト

テーマ DVDで見た映画    ジャンル 映画



 

Comments

Edit(´;ェ;`)ウゥ・・・
これ、映画館で観たよー。
大和登場のシーンでタイタニックきたと思ったのは私だけですか?
生き残るのがごめんなさいな時代だよね…。
なんていうか、沈みに行けと言われて、みんな必死だったのが印象的だった。

Σ(- -ノ)ノ エェ!?あれは、本当にあったことじゃないのか?
戦艦大和をずっと宇宙戦艦ヤマトだと思っていたふうでした。
だめじゃんw
Editto ふうちゃん
おお、映画館だと迫力があってよさそう~。

あれ?本当だ、何か変な事が書いてある^^;
ごめん、本当にあったことだよw

何か書いてるんだろ・・・消しときます(汗
Editはいはい
これも劇場で観たよ~、な何気に映画好きな凪さんです。

この映画は太平洋戦争を「戦艦大和」のみに焦点を合わせて少しライトタッチに仕上げちゃってる感じだから「戦争の壮絶さ」みたいなものがなかなか伝わってこないんだよね~。

その辺の事を重く受け止めたい方には「二百三高地」とかがオススメ。日露戦争が題材だけど未だに忘れられないシーンがあるぐらい強烈でした。
ちなみに劇場公開されたのは小学生かそれに満たない頃だからかなり古いよw
後は「連合艦隊」とかも良いのかな、これも古いw

まあ戦争は今も昔も根性だけじゃ勝てないのは同じだね~。
どこぞの次男が「戦争は数だよ」って言ってたな~。


そうそう宇宙戦艦ヤマトはね~、話の最初の方で撃沈された戦艦大和を発見するシーンがあるんだよ~。
Editto 凪さん
なかなか映画館行く機会ないんだよねぇ><

二百三高地は、さだまさしの唄がベストマッチしてて、唄がが流れている時の戦闘シーンはなんとなく憶えてるなぁ。
なんどもTVでやってるしね。
でも、ここ数年はやってないよね、たぶんw

宇宙戦艦ヤマト・・・どうでもいい話だけど、
ヤマト車検・・・ぱくりすぎw
Editなんですって!!
宇宙戦艦ヤマトに、戦艦大和が発見されるシーンがあるの??
(´;ェ;`)ウゥ・・・そりも知らなかった。

駄目駄目じゃん…。

映画館は迫力あってよかったよ♪
なんていうか、男の世界だなって思った。
ちなみに、こたろの父は疎開してたらしいので、一応戦争体験者なのかなぅ?こたろ、やたら好き、戦艦大和とか。

先生!ヤマト車検てなにー?w
Edit
プライベート・ライアンと似たような結末のようですね。
戦争映画って、どうしても苦手で観るのを避けてしまいます・・・・。
Editto ふうちゃん
いいなぁ( ゚ ρ ゚ )
うちも映画館でみたかったな(´Д⊂ヽ

疎開してたって事は体験者だよね~
そういう人達って、今の映画を見て(見るのかな?)どう思うんだろうね。

ふう君。
ヤマト車検というのはカーコンビニ倶楽部が運営する車検なのじゃお。
って、全国チェーンじゃないのかな??
あ、カーコンビニ倶楽部はCMしてても、ヤマト車検はCMしてないか・・・

たぶん、ぐぐったら一杯ヒットするおw
Editto tamaさん
Pライアンと似たような結末・・・ですか。
うーん、シチュエーションが似てるという意味なのかな~
うちは似てるとは思わないけど、似てたのかなぁ。
Pライアンもう一度みてみようかなw

戦争映画のどういった所が苦手ですか?

うちはホラー映画は避けちゃいます。怖いから(爆






戦争映画は、殺伐としてますしね・・・
Edit
あれだけじゃわかりませんねw「男達の大和」は観てないので何とも言えませんが、「プライベート・ライアン」のラストシーン。生き残ってしまってごめんなさい、とは違うけれど、多くの人の死をもって戦場から生還したライアンも、同じような「うしろめたさ」を感じながら、生きて来たのかもしれないなぁ、なんて思ったりして。
戦争映画は残虐シーンがまずダメです。そして、人が沢山死ぬのも嫌かなぁ;;9割近くが戦闘シーンの「プライベート・ライアン」を最後まで観られたのは、我ながら不思議なのですw
ホラーは私もダメですよ。全く観ませんw
EditPライアンて
戦争で息子を2人か3人亡くしたお母さんのインタビューかなんかをキッカケに一人だけまだ生きてる息子「ライアン上等兵」をわざわざお迎えに行くって話じゃないっけ?

で宇宙戦艦ヤマトの話だけどw
その発見された戦艦大和を修復して宇宙戦艦ヤマトとして生き返ったんだと思ったよ~。
Editうははーw
あった!!ヤマト車検w
プライベートライアン観た気がするけど、すっかり記憶から消えている~。
戦争映画私も苦手。でも、観ておきたいなあというのはあるのん。残酷なとこで気持ち悪くなったりするんだけど、観ると戦争なんてっ!!て思う。
疎開してたから、一応戦争体験者よね。
普通にパイレーツ・オブ・カリビアンとか観てるおーw
あ、戦争映画のことかなあ。

ほえ~、宇宙戦艦ヤマトって戦艦大和と話が関係あるのね。
何かあんまり覚えてないけど(^^;宇宙戦艦ヤマトの歌は歌えるかもw
((((((〃 ̄З ̄)ノ ウヒヒヒヒ♪ホラーも平気どすえ。
Editto tamaさん
なるほどなるほど。
そういう観かたもあるんだね~。

ほんとに気になって、Pライアン観ました。
話はこんな感じでした。
-----
年老いたライアンがミラー大尉(トム・ハンクス)の墓を訪ねるシーンから始まり、回想へ。
ノルマンディ上陸作戦を経て、別任務を与えられたミラー大尉、それはライアン二等兵を連れ戻す事。

(中略)

ジェームズ・ライアンは、ミラー大尉が最後に残した「無駄にするな」という言葉を胸に今日まで生きてきた。
戦死した戦友に恥じないよう、一生懸命に。
でも、それを誰が認めてくれるのか?本当にそうできたのか?
彼は妻に問いかけ、妻の答えと家族を前に、胸を張ってミラー大尉の眠る墓標に敬礼した。
-------------
うちは、"後ろめたさ"のようなものは感じなかったかな。

ミラーの言葉を真摯に受け、日々過ごしてきたが、この歳になって不安になってきたんじゃないかな。
きっと、戦死した皆に報いるにはどうしたらいいのか?ってことをずっと考えながら生きてきたんだろうなぁって思ったよ。
でも、彼が必死になって生きてきた証は、最愛の妻や、子や孫なんだなって。ね。

先に逝った人達の分まで、幸せに生き抜く事が"無駄にするな"って言葉の意味だったのかなと考えたお。


ヒーローを作るための戦争映画はたぶん見ててキツイんだと思う。
Pライアンは、だれかの為に何かをするとき、その過程が、"戦争"だったときに、人はどう考え、どう行動するのかを問いかけるような、考えさせられる映画だったから観られたんじゃないかな、と思う^-^
Editto 凪さん
内容はtamaさん宛てのレスにあるとおりでした~。

ヤマトの最初は埋もれた所から登場する位しか憶えてないなぁ><
Editto ふうちゃん
うちもスッカリ忘れてた(部分的には憶えてたけど)
そんな訳で、観ました♪

どう思うのか?は、うん、戦争映画の事だよ~。
"いい映画だ"とは思わない気がしてね。

ホ、ホラーいけるのか・・・強いなぁ><b
うちの知人がイケテル痛い系ホラーのオススメがあると言ってましたお。

それは、「ヘルレイザー」。

続編等も出てるらしくて是非とw
当然うちは未着手です・・・観られるわけない!

よかったらどうぞーw

Editしもた
Pライアンがどうしても思い出せない~(;´▽`A``

うーん、そうねえ。戦争映画の感想は聞いたことないなあ。
もしかしたら観てないのかもなあ。
ホラー、真っ暗な部屋で1人でも観れるよ。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
イケテル痛い系ホラーて、どんなんだろ~w
観てみたい~☆彡
でも、相方がこれまたホラーがだめで…
借りてくるのも相方だから、観れないかもにゃ。
最近、スカパでやっと海外編の呪怨とリング観ました。

スキンの画像綺麗だね~♪
Editto ふうちゃん
ホラーOKなのは看護士だったからなのかな?w

痛い系ってのは、
釣り針が引っかかってそれ引っ張るとか、そんな感じらしいw

見てないから説明もできないんだけどねw
ググッたら出てくると思うよ~
うちはググる勇気も無いw

スキンの画像、面倒だったけど、ちょっと頑張ってみました^-^

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。