Let's go people!

色々大変な年だったなぁ・・・(’’  テンプレ替えました!


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


22
Category: 映画   Tags: ---

パパラッチ

評価:8

監督:メル・ギブソン

ダイアナ妃の一件で有名になったよね、パパラッチ。
たまごっちのキャラの中にもいてます、パパラッチ(関係ないw

え~、他にもパパラッチからの被害はたくさんあがってるみたいですね~。
で、お話はというと、アクション映画の超ヒットで一夜にして売れっ子になったボー・ララミー。
有名になったのはいいが、その代わりに悪質なパパラッチ達の執拗なストーキングが始まる。
そのレンズは家族にも向けられ・・・
ある日、子供のサッカーの試合場で許可も無く我が子を取り続けるパパラッチに警告をする。
やめる、すぐ帰ると素直に警告を受けたのもつかの間、やはり撮りつづけている。
ついに、怒ったボーはガツンと一発。
と、その男のバンの後部座席の扉がバっっと相手、殴ったシーンの写真が・・・
そして、殴られた男は更なる特ダネを狙い、車で移動するボーを3台の車で取り囲み、シャッターを切りまくる。
結果、大事故発生。
車内でぐったりしている妻や子供の写真が大々的に紙面を飾ることに・・・そして、遂に怒りの復讐がはじまる。

パパラッチ、えげつない><b

なんとなくだけど、現代版マッドマックスな印象を受けたかな。
まぁ、メル・ギブソンだしねw
あと、彼は劇中でもちょい出演してました。

で、ひとり、またひとりと極悪パパラッチが退治されていくんだけど、ボーが被害を受けた時の担当刑事が感ずいてるのが面白い設定だなと。
見て見ぬ振りじゃないけど、あえて尻尾を掴まないって感じ。
ボー本人は完全犯罪で証拠など何もないと思いつつやってるけど、「いやいや、警察はそんなに甘くないよ」な含みを見せているのかな?w

あと、家族を傷つけられたらだまっちゃいない。
そういう解かりやすい部分があるから映画としては観やすいかな。
ある意味、勧善懲悪だしね。

それと、メディアの力ってホント怖いもんだなぁと痛感させられました。
本人は手が出せないのに、メディアはあること無いこと自由に表現し放題なんだもんね。
ジョンベネちゃん殺害事件の話も、メディアの力が強くて両親が犯人扱いされてたしね。
まぁ、真相はまだあきらかになってないけどね(;´∀`)

結構面白い作品だったなぁと思います。
スポンサーサイト

テーマ DVDで見た映画    ジャンル 映画



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。